できたらイイナ、英会話

英会話って、できたら良いな〜、とは思うけど、

今さら習いに行くのもな〜

そんな時間あるかなぁ〜?

お金かかるしなぁ〜

やっぱ英語苦手だしなぁ〜

努力してまで、って思わないしぃ〜


でも、ちょっとぐらい出来たらカッコイイよなぁ〜


思いの大小はあれ、漠然とそう思ってる人は多いと思うんですが...


元来怠け者の私はそう思ってました。


学生時代の英語はサッパリでした。


赤点スレスレ、先輩からもらった過去問暗記の一夜漬けだけが生命線でした(恥)

会話なんてとんでもない!

でも、読むのは海外作家作品(もちろん翻訳された物)、見るのは海外テレビシリーズやハリウッド映画ばかり。

英語で読めたり、聞けたらいいのになぁ... んでもって話せたりなんかしたら...

漠然とは思うけど、当然無理。


でも「勉強」以外の英語は嫌いじゃなかったんですよね。


そう、ちょっとした好奇心さえあれば、そこから何かに辿り着くもんです。


私の場合、それが「スピードラーニング」でした。

最初のサンプルテープを聴いてみて、これなら出来そう、と思って始めてみました。(ダメだ、と思う人はここで返品できます)

この怠け者で貧乏人の私が、結局初級コース全16巻すべて購入、聞き倒しました!

んでもって、外国人の友達もできました。

続きを読む


私の場合は

多分、当時の新聞広告で見かけて気になっていたんだと記憶してます。

何せ10年くらい前の話です。(古っ!)

「ふ〜ん、聞き流すだけでねぇ...」

最初は私もかなり懐疑的にそのキャッチフレーズをとらえていました。

今みたいにインターネットで情報がすぐに集められる状況じゃなかったので、その新聞広告に載っている「体験者記事」だけが頼り。

ほんとかな〜???

■本当に効果があるの?■ 気になる「聞き流すだけ」の英語教材が10日間試せる!!



その日は読み飛ばしましたが、やはり気になるあの広告。

ホントに聞き流すだけで英語が話せるようになるんだろうか...?

ホントにそうなら、怠け者の私にぴったりじゃないか!

初回はサンプルを聞いてみて、ダメそうなら止めればいいや。

と、「ダメもと」で申し込みをしてみました。

スピードラーニング


続きを読む

動機は何であれ

私がスピードラーニングを始めたのは20代後半から。

で、外国人のお友達が出来たのが30歳を超えてから。

(いかん、歳がバレバレ^^;)


それまで英会話スクールに通ったこともなければ、英語を使う仕事をしていた訳でもなく、ただただごく普通の日本人してました。

留学経験もなく、TOEICすら受けた事なし。

洋画はよく見に行ってたけど、字幕について行くのが精一杯。

たまに簡単な1フレーズでも字幕なしに聞き取れると嬉しかったりする程度。


それがどーして急に英会話の勉強でもしてみようか、と思い立ったか。

経験ある方も多いと思いますが、

「海外旅行ショック」なんですよね〜。(単純ですが)


続きを読む

サンプル教材が届いたら

サンプルを申し込んだ人は、期待半分、不安半分のドキドキ気分で教材の到着を待っていられる事でしょう。

期待 今度こそ英語を少しでも身に付けたい!

不安 また続けられなくて失敗に終わるんじゃないかしら...


私もそうでした。

ラクして英語を話せるようになれたらなぁ。

なんせ動機が不純ですからね〜。

「聞き流すだけ」ってキャッチフレーズを信じた訳です。

「聞き流すだけ」なら続けられるかな〜、って。


サンプルテープ(今はCD)が届いたら、お試し期間の丸10日間、1日5分でも10分でも良いですから毎日聞いてみましょう。

1週間経って1フレーズも頭に残らなければ、返品しちゃいましょう。

この台詞のあとはこう言うな、って経験が出来なければ、多分あなたに向いていない教材です。残念ですけど。

反対に、次こんな台詞だな、って(漠然とでも)音のリズムで覚えている人は見込み有りです!

たくさんのパターンの英語のリズムをどんどん蓄積して、ある日突然ペラペラ〜って話せちゃうかもです!








続きを読む

お試し期間中に迷ったら

これくらいの内容なら何とかやっていけるかなぁ...?

ちょっとスピードが速く感じて、ついていけない所があるけど、ホントに「聞き流すだけ」でいいのかなぁ...?

ちゃんと続けられるかなぁ...?


お試しのCDを聞いている間に、いろいろな思いや不安が出たりして、続けるか、返品しちゃうか、迷ってしまうかも知れません。

同じ内容を何回も聞くのが苦痛になるかも知れません。

でも、内容を覚えちゃったついでに、英語の1フレーズでも覚えちゃえませんでした?

簡単な台詞でも、ネイティブが言う前に言える箇所がありました?

もしくはネイティブについて一緒に言える箇所がありました?

あった貴方は是非続けるべきです!

その1フレーズがいずれ何十、何百となる可能性を持っています!

だって始めの2、3ヶ月はただ聞いているだけで十分なんです。

英語のリズムや発音パターンに慣れて、そのパターンをあなたの中に自然に蓄積していくだけなんですから。

それが「耳に残る」だけでなく、もう口に出して言えるってのは、才能多いに有りってことですよ!



さぁ、お試し教材を申し込んだ際の意気込みを思い出して下さい。

半信半疑ながらも、「今度こそは」って思って申し込んだでしょう?あなたも。

私もそうでした。

結構サンプル請求を決めるまでにも時間がかかりました。

でも、サンプルを申し込んだ後は「やる気」と「期待」がどんどん膨らんでいたでしょう?

英語が今より話せる自分の姿を想像したでしょう?

せっかく新たなチャレンジに1歩踏み出したというのに、また足を引っ込めてしまうんですか?

せめて届いた2ヶ月分の教材だけでもやってみませんか?

日常英会話に旅行の英会話、どちらも覚えていて絶対損の無いフレーズばかりですよ。

もし続けられなくても、将来あなたが海外旅行に出かける前のほんの数週間だけでも聞いてみれば、実際に使える可能性がグンと上がるのですから。

これが何となくでも続けられれば、もっと楽しい内容の教材が届いて、次の内容はどんなだろうって楽しみになります。

友達同士や恋人同士の会話なんかもあるし、日本文化についての内容はペンパル相手の手紙のネタにも困りません。


楽しい未来を想像して、ちょっとひと決心、してみませんか?








*10日間ずっと聞いていたのに何ひとつ頭に残らなかった、というあなたは、残念ですが返品しちゃいましょう。この教材はあなた向きではなかったのです。他の方法でチャレンジしましょう!

話せるのにはどれくらい?

スピードラーニング購入しました。

一応毎日聞いてます。

1ヶ月経ったけど、あんまり効果無いみたい...

2ヶ月終わるけど、なんだかなぁ〜... 

自然に口から出てくるのって短いフレーズ2言、3言くらいだよ。

ホントに話せるようになるの?


遅かれ早かれ、多分こんな不安やジレンマに襲われることだと思います。

私もそうでしたから。

最初の1,2ヶ月はほんとに頑張って聞くんです。

どーしても「今度こそは」って気負ってるから。

だから短いフレーズ1言、2言くらいはすぐに覚えて、口から出るようになる。
    ↓
これはできるかも? って思える。
    ↓
でも長いセリフとなるとさっぱり...
    ↓
こんなので会話が出来るようになるの??
    ↓
やっぱり無理なのかも...

ダメ〜!!!

ここで止めちゃうからだめなの!

いつまで経ってもダメダメスパイラルから抜け出せないの!


じゃぁ、どれ位続ければいいのさ?

続きを読む

海外旅行をきっかけに

ほかのページで書いたかもしれないけれど、私が英語話せたら良いなぁ、ってかなり真剣に思ったのは、海外旅行がきっかけでした。

勿論、添乗員さん付きのお上りさんツアーに参加しての旅行。

別に英語が話せなくても大丈夫って旅行でしたが、空港、ホテル、ショッピングと、やはり自分で英語を話さなきゃいけない機会って何度もあった訳です。

その度に落ち込む己の英語力の無さ。

ルームサービスが頼めないから(英語で、しかも電話なんて!!)

お腹がすくと、近所のスーパーに食料を調達に出る。

そうしたらそこのスーパーでおつりを間違えられ(絶対わざとだ!)

おつりが足りないからいつまでも手を出したまま、睨みつけて無言の抗議!

だって、「いくら足りないよ」とか、「おつり」って単語さえ浮かばなかったんだもん!

こっちが悪い訳でもないのに、恥ずかしくってたまらなかった。

今思い出しても気分が悪い!


くっそ〜、せめて「おつりが足りない」ってフレーズさえ覚えていれば...



また、観光地では地元の人に「どこから来たの?」(らしい)ことを聞かれて

「ジャパン」とだけしか答えられなかったり...

もう少し「日本の大阪よ、知ってる?」とか、

「この辺はよく日本人観光客が来るの?」とかって

話を広げられなかったのが残念やら悔しいやら。

せっかく現地の人と話せる機会だったのにね...


帰国したら絶対英会話勉強しよう!って心に固く誓いましたね、

帰りの飛行機の中で。


そんな経験無いですか?

その悔しい思いが強い間にスタートです、やり直しの英会話。


しかも長く続けられる、出来るだけラクな方法で。

ま、悔しいから有り金つぎ込んで英会話スクールで完全マンツーマンレッスンで1ヶ月でしゃべれるようになってやる!というお金と時間と根性の有り余ってる方は別ですが...

多くの一般日本人が挫折してしまう、「長く続ける」という

語学学習特有の時間のかかる作業。

こればっかしはどうしようもないものです。

母国語ですら、赤ちゃんがちゃんとした話が出来るようになるのに何年かかります?

赤ちゃんがお母さんや、周りの大人たちの言う事を一杯聞いて、

色々な単語やフレーズや話し方をインプットしていって、

やっと話し出せるように、

英語も最初は一杯「聞く」こと、

色々な単語やフレーズや話し方をインプットして、頭に日本語とは別のデータベースを構築する事が大切だそうです。

そのデータベース構築を助けてくれるのが、スピードラーニングなどの音声教材です。

日本語/英語、とまず日本語で意味がわかって、それをイメージ化しながら英語音声を聞く。

そうすることを続けていると、まずは英語を聞いただけでその言っている内容がイメージと結びついて意味が分かる=英語が聞き取れるようになります。

そう、会話の為にはまず相手の言っている事が聞き取れないとね。

聞き取る事からデータベースが出来上がってきます。

そう、繰り返し聞く「音」のほうが無意識に早く記憶されるのです。

ある程度「音のデータ」が貯まってくると、不思議と覚えて1フレーズ、2フレーズと口をついて出てくるようになります。

そう、何度も流れるCMソングをつい口ずさんでしまうように。

こうなるとシメタもの!

あとは子供がお母さんの口癖なんかを真似するように、ネイティブが言っている事を少しずつ真似していくと、加速的に話せるフレーズが増えていきます。


さぁ、今度の海外旅行でリベンジです。


いやいや、もっと楽しめるように、

もっと世界が広がるように、

スピードラーニング、始めてみませんか?

思い立ったが吉日。今すぐサンプルだけでも貰っておきましょう↓


石川遼くんもスピードラーニング

石川遼くんがスピードラーニングで英語を勉強中と以前に書きましたが、スピードラーニングを勧めたのはお父さんだったそうです。

てっきりスポンサー契約みたいなものかと思いきや、通学時間を利用してスピードラーニングを聞くようにお父さんの勧めで始めたのだそうです。

病院の待合室にあった雑誌に、石川遼くんのお父さんの対談インタビューが載っていて、それに遼くんの英語勉強法とその上達ぶりが語られていました。

石川遼くんもスピードラーニングを聞き続けて最初の効果は、聞き取り能力が上がったと実感できたとのことです。

高校1年生からはじめたスピードラーニング効果は、海外ツアーでの外人記者のインタビューに英語で堂々と答えている遼くんの姿を見れば一目瞭然ですね。

さすが若いだけに吸収も早いのだとは思いますが、お父さん曰く、英語のスピードラーニングもゴルフの練習と同じく習慣づけて続けているそうです。

通学時間の積み重ねだけでも、やはり継続は力なり、ですね。

英語くらいは、と思う人はすぐにスピードラーニングを始めて、負担にならない程度の毎日の習慣づけとしてしまいましょう。



英会話上達に欠かせないこと

英会話を上達させるのに必要なことは何だと思いますか?

英単語を沢山覚えること?

使えるフレーズを増やす事?

常に英語を話す練習をすること?

どれも大事なことですが、忘れていませんか? もっと大事な事。

会話に大事な事ですよ。

もっとも、普通日本語での会話でも大事な事です。


会話するには、

そう、相手の話が聞き取れなくては答えられませんよね。

英会話にはリスニング力が必要なんですよ。

日本人にはむしろこのリスニング力を上げるほうが時間が掛かるんですよ。

あなたも経験済みですよね?

ほんの短いフレーズを話されただけなのに、???の嵐。

それを文字で見ると「なぁ〜んだ、そう言っていたのか」と思うこと、多いと思います。

日本人に馴染みの無い発音が多くて、それが聞き取れないのです。

特に「カタカナ英語」で単語を覚えた方には、ネイティブ発音の「文」は非常に聞き取りにくいと思います。

英語をやり直す際には、今までの自己流カタカナ英語は忘れて、是非ネイティブの言う通りの音で覚えて馴れていきましょう。

カタカナ英語がよみがえってしまうので、なるべくテキストは見ないで、音声だけの教材が一番です。

だからスピードラーニングの教材がお勧めなのです。

音に馴れて、覚えて、口まね。

これを続けるとリスニング力が自ずとアップするのです。

だって、聞き取れない音を発音する事は」出来ないですからね。

口に出せる言葉が増えるほど、耳も英語に馴れて研ぎすまされて行っていると言う事です。

私の場合、きれいに発音しようとしたら口ごもってしまうことが多かったのですが、真似して発音しようと熱心に聞くようになってから「聞き取れるのに言えない」ジレンマに陥りました。

まずリスニング力のほうからアップしたので、言われた事はわかった、早く答えたいのにうまく言えない、ってところでくじけそうになりました。

これは自分が言える短いフレーズを何度も言っていれば、そのうち区切りながら長い文章も言えるようになります。

それまでは「聞けるようになった」ことを楽しみましょう。

スピードラーニングの英語だけのCDや、CNNニュースや洋画等のちょっとしたフレーズ、かなりクリアに聞こえるようになって、それを即座に口まねすると更に効果アップです。

私の耳は正直でした。本当に「聞き流すだけ」で英会話が身についたんです


聞ければ話せます。

「会話」はそういうものなんですから。

まずは聞く事から始めてみて下さい。

まずは聞き続けなくちゃ

英会話できたら良いのにな〜。

誰しも一度は思う事でしょうが、当然ながら漠然と「思う」だけでは英会話はできるようにはなりません。

やはり何かのきっかけがあって、英会話学校に行くとか、独学を始めるとかして、

でも最初の意気込みほど効果が出なくって、

挫折してしまった...

それも1回ならず、何度も。

今度こそは、と思いつつ、いつも無駄金だけ使って効果はほとんど無かった。

こんな人はい〜っぱいいることでしょう。

最初の意気込みが強い人ほど、なかなか表れない効果に苛立って諦めてしまうようです。

自分には英会話の才能がないのだと。

残念ながら、英語に関わらず語学の習得には時間のかかるものです。

今日6時間英会話レッスンを受けたからと言って、その効果が明くる日まで続いているものではありません。

日本語でさえ、子供が大人の言う事を正しく理解して、まともに話が出来るようになるのに何年かかると思います?

英語知識のストックをある一定以上溜め込まないうちは、すらすら英会話なんてできる訳がありません。

この溜め込みに時間がかかるので、皆途中で挫折してしまうのです。

せっかく「少し」溜め始めた英会話知識が、そこで又リセットされてしまうのです。

勿体無い話です。

もう少し気長な目標を立てて、楽な独学法を選べば良いのに。

時間をかけて蓄積され、常に接していれば、そう簡単に抜け落ちる物ではありません。

だから、1日5分でも良いから続けてみて下さい。

スピードラーニング。

まずは耳から英語を吸収して溜め込んでいきましょう。

とりあえずCDを聞き倒す。

そうすれば、知らない間にあなたの中に英語ストックが溜まっていきます。

あなたが思うように話せるようになるのは、そのストックを自分自身で応用できるようになってからです。



ハニカミ王子も体験中

ハニカミ王子こと石川遼くんもスピードラーニングで英語を習得中だそうです。

【遼くんのコメント】
「毎日、英語はやっています。今回のツアーは生の英語ですから、本当に勉強になりました。
聞くことには慣れて、ヒアリングはだいぶ鍛えられたと思うんですが、文法の勉強をして、もっと文章を続けて喋れるようになりたいです。
ツアー前には『スピー ドラーニング』を聞いて勉強したんです。
お薦めです! 役に立ちました」

プロになった遼くんはこれからどんどん世界を舞台にゴルフするのですから、英会話は必須ですよね。

まだ高校生だし、脳も伸び盛りだから、ゴルフ同様に英語も上達して欲しいですね。

それでなくても学校とゴルフとの両立で、時間が無くて英会話スクールなんて行ってられないだろうから、移動時間なんかに聞くだけで良いスピードラーニングはピッタリですね。

特にツアー前なんて、目的意識があればより集中力が高まって英語の習得も早いんでしょう。

負けていられませんよ。

学校、ゴルフ、取材で忙しい遼くんでさえ出来るんですから、一般人の私たちに出来ないわけ無いでしょ?

遼くんと一緒の教材で、もう一度独学英会話にチャレンジしてみませんか?




英会話フレーズを増やす

英会話っていうのは、英文法の穴埋問題みたいに「1つの正解」が無いから簡単だ、って思っちゃいましょう。

こう言われたら、こう答える。

漠然としたパターンはあるものの、極端に言えば話さえ通じればどんな答え方や言い方をしようと自由なんですよね。

ただこの「自由」って言うのがくせ者で、英語知識の少ない者には選ぶ余地も何もあったもんじゃ無いのよね。

そう、あれこれ言えるだけの知識あってこそ、自由に選んで話せるようになるものなんです。

残念ながら、最小限日常会話に困らないだけの英語の単語やフレーズを覚えていなければ、英語を話せるようにはなりません。

今更「暗記」なんて、と思うと憂鬱になりますよね。

でも、スピードラ−ニングはCDを聞いているだけで良いんです。

何度も聞いているうちに自然と覚えてしまうんです。

最初は聞き流すだけでOK。これで英語独特のリズムのテンポがつかめて、頭に少しずつ残るようになって行きます。

意識的に「これ覚えたい」って注意して聞けば更に効果的。

リズムが掴めたら加速的に英語フレーズが増えて行きます。

この積み重ねが大きな英語ストックとなって自分の中に溜まっていけば、簡単な会話ぐらいできるようになるのは当たり前。

特に必死な努力をしなくても、英語フレーズが増えて話せるようになってしまいます。

だから、独学で自分のペースで出来るスピードラーニングはお勧めです。

早く始めて、早く英語ストックを増やしましょう。

次の海外旅行にキット役立ちますから!

英会話スクールってどう?

大手の英会話スクールでは、多かれ少なかれ昔からあったトラブルだから、今さらNO○Aが営業一部停止を食らうことくらいでは驚きません。

どこの英会話スクールも、生徒とネイティブ講師の取り合いをくり返しているだけです。

1つの英会話スクールで1年以上続く生徒なんてごくわずか、何年も続けるネイティブ講師もこれまた僅か。

だから運営会社は、一度スクールに入ってしまった人のケアなんてそれほどしてくれないんです。

だって、もう「お金もらっちゃった」から。

それより新規に相談にくる人に対してあれこれ親身になって相談に乗ってくれるのです。

だってお金になるから。

そうして安くなるプランを薦めてくれるのです。

要りもしない大量なレッスンチケットを。

全部使いきれるわけないと分かっていながら、

少しでもチケットを使い出せば、あれこれ分からない費用を差し引かれて買った価格での返金はないので、途中解約されても英会話スクール側は損をしないようになってるんです。

コマーシャルのイメージだけで判断すると、取っ付きやすくて始めてみようかなって気にさせられますが、

実際英会話スクールに通った何人の人が流暢に英語を話せるようになったんでしょう?

あなたの周りに1人でもいますか?

そう、お気軽で楽しいヨタ話で終始するような英会話レッスンに「参加」しているだけで英語は話せるようにはならないんですよ。

ま、英語に対する気負いや恐怖感を取り除くという面では意味があるとは思いますが、

ただ何となく「英語話せたら良いな」なんて程度の人には、最初の挨拶程度ができるようになるくらいで、ちょっと突っ込んだ質問されたり、意見を言わされたりしたら、相変わらずチンプンカンプンのままで、やっぱり私には英語は「向いてない」のかなとか「才能ないのかな」で続かなくなってしまうものなんです。

そのくり返し。

勿論、本当に英語を話せるようにしてくれる英会話学校もあります。

でもそう言う所は「お気軽レッスン」ではなく、こなさなければならない課題が一杯突き付けられます。

それを「努力」で乗り越えて行かなければならないのです。

しんどいですよね。辛いですよね?

そう、だから英会話スクールとして流行らないのです。

NO○Aのような「お気軽スクール」に生徒が片寄っていきますよね。

でもそんなスクールじゃ、思ったように英会話はできるようにならない...

で、生徒が続かない。→ 生徒のレベルが低い。→ ネイティブ講師が嫌気をさして続かない。→ 新しい講師募集。→ どうせすぐ辞めるだろうからトレーニングに力を入れない。→ その場しのぎのお気楽レッスン。→ 当然、生徒の向上も満足度も得られない。→ で、生徒が続かない・・・

永遠にこのくり返しでしょう。

どうせお気楽にやるなら、独学で良いじゃない。

好きな時に出来て、嫌になったら止めて、また始めて。

ペースメーカーが欲しいのなら、月1回ずつ送られてくる教材の通信教育ですれば?

どうしてスピードラーニングが18年以上もベストセラーなのか?

独学で続けられるからです。

途中で止めても、また再開できるからです。

英会話スクールみたいに、また「入会金」なんて要りません。

ネイティブ相手に話してみたければ、ウェブレッスンできるサイトも一杯あるじゃないですか。

でもそれには、まずは「ある程度の」英語ストックが自分の中にないと、何も話せないままです。

聞いて身につける英語なら「スピードラーニング」がお勧めです。





スピードラーニングの良い所

スピードラーニングの利点は何といってもCD一枚だけで、筆記用具も辞書も要らずに勉強できるところ。

まずは文法よりも音で聞いて音で覚える英語、これが実践的な独学です。

スピードラーニングのサンプルCDを聞いてみましょう。

クラッシック音楽をBGMにして、英語1フレーズに続けてその日本語訳が流れるというパターン。

英語はナチュラルスピード、ってなってるけど、聞こえやすい発音でめちゃくちゃ速いって感じではない。

BGMのせいか、むしろゆったりした感じ。

でもやっぱり日本語が無いと意味わかんな〜い(涙)

だから始めはどーしても日本語のほうが耳に残るけど、何度も聞き返しているうちに次に何を言うか内容を覚えてしまうから、日本語を無視してついに英語のフレーズを断片的に覚えるようになってくるはず。

英語のフレーズの音と、日本語訳イメージが重なってくる感じになってくる仕掛け。

これが他の教材と違って、英文を聞く→日本語訳にする→英文を理解、というタイムラグを無くして、英文を聞いて即理解、って回路を頭につくってくれるのです。

サンプルCDを1週間聞き続けていると、少なくとも1つや2つの英語フレーズが頭に残るはず。

サンプルでさえその効果が実感できれば、1ヶ月、2ヶ月と聞き続けた後はどうなっていると思います?

まずは一杯英文を聞いて、そのデータを頭にストックしていきましょう。

それが自然に身に付いていくのがスピードラーニングです。

1日でも早く始めて、1つでも多くのデータ構築をすれば、英語を話せる日が1日早くなります。

迷っているかたは、まずはサンプルでその効果を確かめてみましょう。




リスニング力もアップ

ある英語サイトを見ていたら、私の独学理念(そんなタイソーなもんじゃないけど^^;)を裏付けるような、語学収得にあたっての基本姿勢が書いてありました。

そこにはまず「音読」しろと書いてありましたが、読み方やアクセントが分からなかったらモタモタしてしまいますよね。

だったら最初からネイティブが話す通り真似する方が早いわけです。

英文と首っ引きになったり、いちいち意味を調べたりしなくていいので、音声教材としてのスピードラーニングはもってこいなのです。

最初はひたすら聞き流す。

耳に残る単語から、

次にセンテンス単位で、

そして1フレーズと、真似してみる。

口パクでもいいけど、声に出した方が絶対良い。

口に出してみると、自分で思ったより口は動いてくれないことがよくわかるはず。

単純だけどこのくり返しは結構効果ある。

意味を分かりながら、英語の発音とセンテンスのデータベースがどんどんできていく。

勿論、何て言っているのか聞き取れないところは、スクリプトで確かめると更に効果アップ。

どんな所が聞き取りにくいのかが分かります。

どうしてこんな発音になるのか。

何で続けて発音するのか。

どういう時にそう発音するのか。

話をする側の「都合」が漠然とわかってくると、

聞き取る時に「こう言ってるんだろう」という推理も容易になってきます。

そう、話し手がいないと聞けないわけですから、

まず話す側のルールや都合をつかめば、当然聞き取りもしやすくなるんです。

嘘だと思ったら、1ヶ月丸まるスピードラーニングの教材を聞き続け、声出し練習した後に、英語だけのCDを聞いてみて下さい。

一番始めに聞いた時より、かなり聞き取りやすくなっていると感じるはずです。

「自分が話せないことは、聞き取れないのです」

スピードが早いと感じる英語の単語同士の結びつき方も、英文を見れば分かるけど、聞き取れないですよね。

あなたはそれをスラっと言えますか?

無理なはず。言えれば聞き取れてますって。

そんな所ほど、音で聞いて真似してみましょう。

一つずつの単語を発音するより、早く、(ネイティブの人には)言いやすいからつなげたりするんです。

この話す側勝手な理屈を知ってしまいましょう。

この英語のフレーズや発音においてのデータベース構築の期間は、やはり基礎能力もありますので人それぞれですが、増やせば増やす程良いって言うのはわかりますよね。

それには「続けられる」教材を選ぶことが大事。

気楽に長く続けられる、という点でスピードラーニングお勧めなんです。

思い立ったが吉日

何か事あるごとに「英語話せたら良いのになぁ」て思ってたんですよね〜。

古くは、帰国子女の同級生がネイティブの先生と英語でペラペラしゃべっているのを見たとき、

イギリスに留学した友達を訪ねて行ったときに、彼女がルームメイトと英語で話しているのに入っていけなかったとき、

楽しいはずの海外旅行で、買い物でのおつり不足に文句が言えず悔しかったとき、

会社の先輩が外人のお客さんに死苦八苦ながら英語でちゃんと接待していたとき、

バカにして見ていた芸能人が、意外と英語を使って海外レポートの仕事をしているのを見たとき、

電車の中で外国人と仲良く話しているカップルを見たとき、

などなど...

その時はすごーーく「英語が話せたらな」って思うんですけど、

やはり普段は日本語だけで済む生活をしていると、そんなに苦しい思いをしてまで英会話のレッスンなんて、

高いお金を払って、わざわざ時間を作ってスクールに通おうなんて思わないんですよね。

でも、チョットくらいは自分で勉強してみようかな、なんて

CD付きの英会話本を買ってみたりするんだけど、

1冊全部やり通すことも無く、

一通りやってみたところで、いきなり自分の考えを英語で流暢に話せるようになる訳でもない。

こんなことの繰り返し、やってませんか?

続きを読む

英会話のリハビリにも

突然ですが、私、来月ハワイに行きます。

それもほとんど「タダ」で。

やっとマイルが溜まって、ハワイへの航空券に交換できたんです。

ここ数年、海外なんて行ってないんで、すべて国内での「お買い物」で貯めたマイルです(^o^)

支払いを1枚のカードに纏めてしまうと、バカになりませんよ。

チリも積もればハワイです手(チョキ)

でもって、宿泊は友達の家なんで、ホテル代要りませ〜ん。

数年来のペンパルのおうちの一室を貸してもらえることになったんです。

嬉〜いぃ手(チョキ)

要るのは空港までの交通費と空港使用料、お土産代くらいですか。

ラッキー。

外国人のかたと本当に仲良くなると、

「いつでも遊びにおいで」っていうのは日本人と違って社交辞令じゃありません。

本当に家に泊めてくれます。

イタリアのマリナちゃんもそうでした。

ま、おうちが広いってのもあるんでしょうけど、

ホントに家族のようにあたたかく迎えてくれます。


で、来月のために只今スピードラーニングで英会話のリハビリ中です。

今年の春にポールが日本に来た時に京都を案内して以来、外国人と会話したことがないんで、

ちょっと口慣らし&耳慣らしをしておかないとマズイかな、と。

スピードラーニングの「旅行の英会話」「フレンドシップ」「日本を紹介する」「困ったときの英会話」なんかを聞き流しつつ、

口にできるフレーズを発話しています。

通勤時間に聞き流し、

寝る前の20分くらいを意識的な発話にあてています。

あとは、ま、何とかなるでしょ。

気休めみたいなもんですが、コレをやるとやらないでは大違い!

っていうのを身をもって体験してますので。

伊達にスピードラーニング一通りクリアしてませんから。(休み休みですが^^;)

私がやり終えたのは十数年も前のことですが、

そこで自分なりに身に付けたスピードラーニングでの英会話法は体が覚えてますから、

イザって時に少しの間リハビリすれば、勘が戻ってくれます。

自転車に乗れるのと一緒ですね。

特に今回のような「モチベーション」の上がる動機があれば強いもんです。

やっぱり久々の海外旅行、楽しいものにしたいし、

友達ともなるべく一杯話をしたいからね。

やはり、目に見える目標って大事ですね。


●英会話できるようになる。

●外国人の友達を作る。

どっちが先でもいいでしょうが、

やはり身近な目標があったほうが良いと思うので、いっそ同時進行はいかがですか?

新年から?

いえいえ、善は急げ。

やる気のあるうちに、いち早く始めた者勝ちですよ。






選べる4コース

スピードラーニング
私は初級コースしかクリアしていません(当時、新車購入のローンに追われていてチョー貧乏だったので^^;)が、今は下記の4コースからご自分のタイプに合わせて選べます。


初級コース
●日常会話編/全16巻
 海外旅行での会話、オフィスでのやりとり、ショッピングの仕方など、海外ですぐに役立つ英語の集大成で、英語を一から始めたいという人におすすめです。
耳に残りやすい、やさしい単語を使用し、短く簡単な表現で構成されています。
日常会話は「こんなに簡単な単語で成り立っているのか」と実感でき、すぐに使える気の利いた英語が表現できるようになります。

中級コース
●実生活編/全16巻
ある程度の英会話はこなせるが、もっと深く外国人とコミュニケーションをとりたいと目指している方、やや高いレベルにチャレンジしたいという人なら中級コースがオススメ
独立記念日やサンクスギビングなど、アメリカの文化・生活習慣に関するトピックが中心になり、生活習慣やその他の違いから起こる摩擦、戸惑い、悩みなどに焦点をあてたアメリカ事情編です。

上級コース
●コミュニケーション編/全16巻
 もっと深い内容にチャレンジしたい、ネイティブレベルまでもっていきたいという人なら上級コースがオススメ。
上級コースは、異文化交流の難しさと喜びがテーマ。
アメリカ人女性と国際結婚したある日本人の人生を追ってます。←お〜、これ興味あるなぁ〜(目的不純^^;)

ジュニアコース
●子供会話編/全16巻
10歳から15歳向けに制作されています。
家族と一緒にアメリカに行った、 日本人の男の子さとしがアメリカの中学校に転校。さとしの中学校生活の様子を中心に描かれています。
英語の詩、早口言葉、言葉ゲーム、等々子供が興味を持って聞けるおもしろい内容ばかりです。

↓ まずは「やる気」がある間にお試し ↓ ↓ ↓





今ってサンプルCDとともに、体験談DVDまで初回に送ってくれるのね。

昔は無かったぞ、そんなの。

*今まではコースが、初級、中級、上級(各16巻構成)
 と分かれていましたが、今後は「コース」という枠がなくなり、
 『スピードラーニング英語』全48巻となってます!
 ※教材のCDの内容は変わりません。 2006.10.1.変更

早いに越した事は無い?

へ〜、今スピードラーニングって小・中学生向けの「ジュニアコース」ってのもあるんだ。

良いかもね。

早くから「意味のある」英語に慣れるっての。


英会話は早いうちに始めるに越した事はないって、赤ちゃん(早くは胎教から?!)の頃から英語を聞かせるお母さんが多いって聞くけど、それってどーなんだろ?

音だけ慣れてやたら発音は良いけど、イマイチ意味も分からず知ってる英語だけやたらしゃべってる子供って...

続きを読む

サポート体制充実

独学でやってると、なかなか続かない、

とか

壁にぶつかった時にすくに投げ出してしまう

とか

デメリットもあるのよね。

マイペースで出来る反面、誰からの規制もないからそのまま尻すぼみ〜。

なんて事を避ける為に、スピードラーニング受講生には無料の相談サポートがあって、メールや電話であなたのつま付きや伸び悩みにアドバイスがもらえるんだって。

それと、電話でネイティブスタッフとのフリートークも出来ちゃうんだって。

良いよね〜、実践の場が設けられてるって。

ちょっと勇気いるけど。

昔は無かったぞ、そんなサービス。ブツブツ(悔)

さすが長く販売しているだけあって、色々改善されてるのね〜。




続きを読む



×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。