英会話スクールってどう?

大手の英会話スクールでは、多かれ少なかれ昔からあったトラブルだから、今さらNO○Aが営業一部停止を食らうことくらいでは驚きません。

どこの英会話スクールも、生徒とネイティブ講師の取り合いをくり返しているだけです。

1つの英会話スクールで1年以上続く生徒なんてごくわずか、何年も続けるネイティブ講師もこれまた僅か。

だから運営会社は、一度スクールに入ってしまった人のケアなんてそれほどしてくれないんです。

だって、もう「お金もらっちゃった」から。

それより新規に相談にくる人に対してあれこれ親身になって相談に乗ってくれるのです。

だってお金になるから。

そうして安くなるプランを薦めてくれるのです。

要りもしない大量なレッスンチケットを。

全部使いきれるわけないと分かっていながら、

少しでもチケットを使い出せば、あれこれ分からない費用を差し引かれて買った価格での返金はないので、途中解約されても英会話スクール側は損をしないようになってるんです。

コマーシャルのイメージだけで判断すると、取っ付きやすくて始めてみようかなって気にさせられますが、

実際英会話スクールに通った何人の人が流暢に英語を話せるようになったんでしょう?

あなたの周りに1人でもいますか?

そう、お気軽で楽しいヨタ話で終始するような英会話レッスンに「参加」しているだけで英語は話せるようにはならないんですよ。

ま、英語に対する気負いや恐怖感を取り除くという面では意味があるとは思いますが、

ただ何となく「英語話せたら良いな」なんて程度の人には、最初の挨拶程度ができるようになるくらいで、ちょっと突っ込んだ質問されたり、意見を言わされたりしたら、相変わらずチンプンカンプンのままで、やっぱり私には英語は「向いてない」のかなとか「才能ないのかな」で続かなくなってしまうものなんです。

そのくり返し。

勿論、本当に英語を話せるようにしてくれる英会話学校もあります。

でもそう言う所は「お気軽レッスン」ではなく、こなさなければならない課題が一杯突き付けられます。

それを「努力」で乗り越えて行かなければならないのです。

しんどいですよね。辛いですよね?

そう、だから英会話スクールとして流行らないのです。

NO○Aのような「お気軽スクール」に生徒が片寄っていきますよね。

でもそんなスクールじゃ、思ったように英会話はできるようにならない...

で、生徒が続かない。→ 生徒のレベルが低い。→ ネイティブ講師が嫌気をさして続かない。→ 新しい講師募集。→ どうせすぐ辞めるだろうからトレーニングに力を入れない。→ その場しのぎのお気楽レッスン。→ 当然、生徒の向上も満足度も得られない。→ で、生徒が続かない・・・

永遠にこのくり返しでしょう。

どうせお気楽にやるなら、独学で良いじゃない。

好きな時に出来て、嫌になったら止めて、また始めて。

ペースメーカーが欲しいのなら、月1回ずつ送られてくる教材の通信教育ですれば?

どうしてスピードラーニングが18年以上もベストセラーなのか?

独学で続けられるからです。

途中で止めても、また再開できるからです。

英会話スクールみたいに、また「入会金」なんて要りません。

ネイティブ相手に話してみたければ、ウェブレッスンできるサイトも一杯あるじゃないですか。

でもそれには、まずは「ある程度の」英語ストックが自分の中にないと、何も話せないままです。

聞いて身につける英語なら「スピードラーニング」がお勧めです。







この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:




×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。