スピードラーニングの良い所

スピードラーニングの利点は何といってもCD一枚だけで、筆記用具も辞書も要らずに勉強できるところ。

まずは文法よりも音で聞いて音で覚える英語、これが実践的な独学です。

スピードラーニングのサンプルCDを聞いてみましょう。

クラッシック音楽をBGMにして、英語1フレーズに続けてその日本語訳が流れるというパターン。

英語はナチュラルスピード、ってなってるけど、聞こえやすい発音でめちゃくちゃ速いって感じではない。

BGMのせいか、むしろゆったりした感じ。

でもやっぱり日本語が無いと意味わかんな〜い(涙)

だから始めはどーしても日本語のほうが耳に残るけど、何度も聞き返しているうちに次に何を言うか内容を覚えてしまうから、日本語を無視してついに英語のフレーズを断片的に覚えるようになってくるはず。

英語のフレーズの音と、日本語訳イメージが重なってくる感じになってくる仕掛け。

これが他の教材と違って、英文を聞く→日本語訳にする→英文を理解、というタイムラグを無くして、英文を聞いて即理解、って回路を頭につくってくれるのです。

サンプルCDを1週間聞き続けていると、少なくとも1つや2つの英語フレーズが頭に残るはず。

サンプルでさえその効果が実感できれば、1ヶ月、2ヶ月と聞き続けた後はどうなっていると思います?

まずは一杯英文を聞いて、そのデータを頭にストックしていきましょう。

それが自然に身に付いていくのがスピードラーニングです。

1日でも早く始めて、1つでも多くのデータ構築をすれば、英語を話せる日が1日早くなります。

迷っているかたは、まずはサンプルでその効果を確かめてみましょう。






この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:




×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。