英語を話す筋肉を鍛えるなら

スピードラーニングを聞き続けていると、3,4ヶ月も経てば簡単なフレーズぐらい口をついて出てくるようになります。

また、英語のリズムが自然と身にしみていますから、テレビから聞こえる英語も字幕を見ながら、前より聞き取れる単語が多くなっていることに気が付くと思います。

ただ、まだまだ受身の立場ですから、少し英語を聞き取ったり、聞こえることを真似できたりはできますが、少しの自分の意見や思ったことをスラっと言えるまでには至っていません。

でも、聞き取る為の英語のリズムと、英語を話し出す基礎が出来てきていますから、もしスピードラーニングの教材に飽きたのなら、他の教材に移ってもいいかも知れません。

例えば、もっと自発的に話せるようになりたいのならアルクの「英会話コエダス」とか。

「英会話コエダス」について詳しくはこちら


日本人が遭遇する可能性の高い「場面」と「表現」を声に出して覚えるから、とっさの時でも適切な英語が、スッと口から出てくるようになります。

英会話スクールに通わなくても、会話相手が目の間にいなくても、スピーキング力は着実に身につけられる、ってのが売りの教材です。

自ら英語を声に出すには、日ごろからそれなりの練習が必要なのがわかると思います。

聞こえてくるセリフを真似する分には苦労しなくても、自分で考えを自ら口に出すと、どうしてうまく喋れないのでしょう。

他のページにも書いたと思いますが、英語を話すには日本語を話すのとは別の筋肉を使うのです。

だから普段からその筋肉をほぐしておかないと、イザと言うとき固まってしまってうまく動かないんです。

それにフレーズのストック。

この2つは、日ごろの積み重ねが大事になってきます。

スピードラーニングを続けながらこういったスピーキング用の教材を平行してやるなら、より効果大だとは思いますが、

やはりどちらか1つに集中した方が良いかも。

これは本人のモチベーション次第。

欲が出てきているのなら、2つ同時進行で効果を加速させましょう。

「英会話コエダス」について詳しくはこちら



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:




×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。